まったり公務員まとめ速報

国家公務員・地方公務員の公務員試験や公務員浪人に関する情報をはじめ
県庁職員や市役所職員などの公務員の仕事、公務員の年収や待遇に関して
そしてアンチ公務員や公務員叩きの情報まで幅広くまとめています

    非課税



    cdcdcd


    1 :名無しの公務員 2018/03/30(金) 06:40:49.06 ID:MCpjhHiRd
    カナダ・ケベック州で、宝くじを初めて購入した女性が当選し、生涯にわたり毎週1000カナダドル(約8万2000円)を受け取る権利を得た

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35116914.html










    2 :名無しの公務員 2018/03/30(金) 06:41:22.21 ID:MCpjhHiRd
    羨ましいンゴ







    引用元 https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522359649/


    【18歳の若者一生8万円を貰える権利を得る】の続きを読む



    uui



    1 :名無しの公務員 2017/03/21(火) 21:36:11.71 ID:mJi1mkEW0

    http://www.asahi.com/articles/ASK3P547PK3PULFA00T.html
    お坊さん向け経営指南塾が活況 ディズニーの哲学も学ぶ

    お寺の経済基盤が揺らいでいます。人口減で檀家(だんか)が減り、葬儀や法事の簡素化は進む一方。税を優遇される宗教法人に対する目にも厳しいものがあります。

    そんななか、悩めるお寺の住職たちにとって「駆け込み寺」のような塾があります。お寺を運営する心得やノウハウを教科書で学び、ディズニーランドの経営哲学も参考にします。いったい、どんな塾なのでしょうか。

     昨年11月、東京タワーを望む都心の寺で15人ほどの僧侶が一心に電卓をたたいていた。一般社団法人「お寺の未来」が開く「未来の住職塾」の塾生たちだ。

     この日のテーマは「財務」。コンサルティング会社勤務を経て、「お寺の未来」代表理事を務める井出悦郎(37)が講師役だ。架空の寺の財務諸表を元に、自己資本比率や損益分岐点の求め方、資金計画を立てる際の考え方を学んだ。

     「住職塾」はお坊さんたちに経営を指南するユニークな塾だ。塾長で浄土真宗本願寺派の僧侶、松本紹圭(しょうけい、37)と講師の井出がまとめた「住職の教科書」で、寺の経営戦略を練るためにマーケティングや経営分析手法、
    財務などの知識を1年かけて学んでいく。

     卒業課題は、それぞれの寺が「こうありたい」と願う未来の姿と、実現に必要な具体策をまとめた「寺業(じぎょう)計画書」を作ることだ。受講料は約15万円。2012年春の第1期からこれまでに東京や大阪、名古屋、京都などで開催。
    30近い宗派から住職やその家族ら約420人が参加した。年齢も20代から60代まで幅広い。

     








    引用元 http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1490099771/

    【坊主丸儲けってマジ!?会社員辞めて坊主に転職するわww】の続きを読む

    このページのトップヘ