まったり公務員まとめ速報

国家公務員・地方公務員の公務員試験や公務員浪人に関する情報をはじめ
県庁職員や市役所職員などの公務員の仕事、公務員の年収や待遇に関して
そしてアンチ公務員や公務員叩きの情報まで幅広くまとめています

    育児休暇



    y3


    1 :名無しの公務員 2017/10/17(火)21:23:51 ID:Ska
    アメリカ「出産終わって落ち着いたらまた戻ってきてね、うちはいつでも君という優秀な社員を歓迎するよ!!」






    こりゃ日本だめだわw










    2 :名無しの公務員 2017/10/17(火)21:24:18 ID:svS
    だめだねw







    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1508243031/


    【日本企業「え!?妊娠!?出産休暇!?ダメダメ!さっさと会社辞めて!!」】の続きを読む


    ikuikujyuqqs9


    1 :名無しの公務員 2016/09/13(火) 20:11:59.26 ID:PwG7tBoo0 BE:276156512-2BP(1000)

    http://www.asahi.com/articles/ASJ9F5V3SJ9FUTFK00Y.html

    人事院は13日、2015年度の国家公務員の育児休業取得状況を発表した。妻の出産に伴って育休を取った男性の割合は、
    前年度比4ポイント増の9・5%で、1992年度に育休が制度化されて以降、最高を記録した。女性の取得率は前年度より0・7ポイント増え、100%になった。
    取得期間については、男性の62・7%が「1カ月以下」だったのに対し、女性は「12カ月超24カ月以下」が34・8%、「24カ月超」19・2%で、大きな違いが見られた。
    人事院の嶋田博子職員福祉課長は男性の取得率増加について「意識の大きな変化が背景にある」と指摘する。政府は、官民いずれも男性の育休取得率を2020年までに13%とする目標を掲げている。
    厚生労働省の調査によると、民間の男性の取得率は13年10月~14年9月の1年間で2・65%だった。







    3 :名無しの公務員 2016/09/13(火) 20:15:09.02 ID:a6M2Vi2V0
    公務員叩き社畜自慢スレ





    引用元 http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1473765119/
    【公務員「育児休暇取って下さいね!イクメン応援!」 民間企業「育児休暇?男が取れると思ってんの?」】の続きを読む


    kenkenkenekenbusou


    1 :名無しの公務員 2016/08/23(火) 22:06:06.051 ID:e/rgGtY70
    お前ら結婚しろよ






    2 :名無しの公務員 2016/08/23(火) 22:07:17.390 ID:TDc1mZAb0
    結婚したいと思える相手がいない




    引用元 http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1471957566/

    【公務員の結婚率89%に対して民間の結婚率は57%…圧倒的格差社会へ】の続きを読む


    yasmeuhuihu


    1 :名無しの公務員 2016/08/14(日) 16:04:24.574 ID:yYxhVtuT0
    無理かな?






    2 :名無しの公務員 2016/08/14(日) 16:05:02.211 ID:/hW/Cnn20
    誰かと会社興せば




    引用元 http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1471158264/

    【有給休暇を365日ぐらい欲しいんだが】の続きを読む


    youji-no-yo-ji


    1 :名無しの公務員 2015/08/06(木)08:23:18 ID:FtJ
    マジ休暇手当あつすぎ
    ただ育児自体はめんどくさい
    どうにかならんものか







    2 :名無しの公務員 2015/08/06(木)08:24:00 ID:1IL
    認知しないどはらませようか?




    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1438816998/
    【【クズ】公務員だが看護休暇や育児休暇のためだけに子供が欲しい】の続きを読む

    このページのトップヘ