まったり公務員まとめ速報

国家公務員・地方公務員の公務員試験や公務員浪人に関する情報をはじめ
県庁職員や市役所職員などの公務員の仕事、公務員の年収や待遇に関して
そしてアンチ公務員や公務員叩きの情報まで幅広くまとめています

    結婚



    20


    1 :名無しの公務員 2019/01/16(水) 16:25:17.41 ID:apEL0EM00 BE:864570584-2BP(1000)

    言うても上位1割に収まる人材やろ

    https://biz-journal.jp/2019/01/post_26201.html










    2 :名無しの公務員 2019/01/16(水) 16:25:50.16 ID:IXiN5PMsd
    チビデブじゃん







    引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1547623517/

    【26歳/167cm/67kg、年収450万、貯金3000万(不動産投資での儲け)、MARCH院卒、TOEIC750、AP持ち、彼女いない歴=年齢、なぜ彼女できへんの】の続きを読む



    85


    1 :名無しの公務員 2019/01/12(土)23:22:10 ID:wtY
    堕ろす?









    2 :名無しの公務員 2019/01/12(土)23:22:39 ID:2Qv
    ワイは妊娠しないから







    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547302930/


    【もし結婚して妊娠中に子供が障害持ってるってわかったら】の続きを読む



    1w


    1 :名無しの公務員 2019/01/12(土) 10:39:14.79 ID:uyGzHTl70 BE:649062822-2BP(1000)

    いつでもエッチし放題で大興奮!?「結婚が実は超エロい理由」3つ

    結婚をしたら家族になってしまうので、相手のことをどうしても前のように異性として見ることができなくなるとは言われるものですが
    結婚に対して魅力を感じ、結婚はエロいものだと思う人たちもいるようです。
    筆者自身も結婚にとても憧れるのですが、
    果たして結婚にある「エロい魅力」とは何なのか。男女たちの意見を聞いてみました!

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1185643546










    2 :名無しの公務員 2019/01/12(土) 10:39:35.24 ID:VqCBP+e70
    しないぞ







    引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1547257154/


    【結婚したら妻といつでもエッチし放題なんだろ・・・? いいなぁ・・・羨ましいよ・・】の続きを読む



    77


    1 :名無しの公務員 2019/01/05(土) 21:36:37.729 ID:Bg/6350dM
    世間的には並み以上の生活を送ってるんだがしっくりこない
    言いようのない不安に駆られる毎日










    2 :名無しの公務員 2019/01/05(土) 21:37:34.822 ID:h1Vp+MqKa
    俺も公務員だが満たされない毎日を過ごしてるわ







    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1546691797/

    【27歳公務員夫婦もうすぐ父親なんだがコレジャナイ感がすごい】の続きを読む



    16


    1 :名無しの公務員 2019/01/06(日) 20:52:50.30 ID:l0Cfk1y7p● BE:659060378-2BP(8000)

    木宮:
    「若い女性がいい」と言う男性は多いですね。
    子供が欲しいから35歳までの女性がいいとかね。
    そういう人に対しては、「女性を数字で見るのはやめなさい」と説教します。
    まずは女性と出会うこと。その先に子供があるだろうと。
    もちろん子供のいる人生は楽しい。
    しかし、子供のいない幸せもある。養子をとってもいいんです。

    https://www.news-postseven.com/archives/20180103_640847.html










    3 :名無しの公務員 2019/01/06(日) 20:53:24.99 ID:5bwd9lUz0
    うるせえしね







    引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1546775570/


    【婚活コンサル「女性の年齢を見るのはやめなさい。子供のいない人生も楽しいです」】の続きを読む



    58


    1 :名無しの公務員 2019/01/03(木) 10:25:17.45 ID:Vq6o0AQM0 BE:303493227-2BP(3333)

    シングルマザーの不安、成人年齢の引き下げで養育費も18歳で打ち切られる?
    2019/01/03 09:42弁護士ドットコム
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw4544623










    2 :名無しの公務員 2019/01/03(木) 10:25:37.16 ID:IslzlqA9a
    たし蟹







    引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1546478717/

    【シングルマザーさん「え、まって、成人年齢引き下げられたら養育費も18歳で打ち切らちゃうんじゃないの?」】の続きを読む



    ww


    1 :名無しの公務員 2019/01/04(金) 13:53:13.81 ID:LBdTuk5C0● BE:876811395-2BP(1000)

    「50歳まで一度も結婚したことがない人」の割合を示す生涯未婚率は、男性が23.37%、女性は14.06%という結果になり、過去最高となっている。
    男性の約4人に1人、女性の約7人に1人だ。
    その一方で、「いずれは結婚したい」と考える未婚者(18~34歳)の割合は、男性85.7%、女性89.3%で、こちらは決して低い数字ではない。(2015年国立社会保障・人口問題研究所調査)

    ただ、以前編集部でも「若者の恋愛経験の減少」をとりあげたが、「草食化」と揶揄されることが多い若者たちによって、“生涯未婚時代”はますます進んでいってしまうのだろうか?
    そこで今回は、『超ソロ社会』著者である荒川和久さんに話を聞いた。

    親世代は“お見合い”に救われていた
    若者の結婚事情の話を聞く前に、親世代の結婚事情はどうだったのか。
    荒川さんは、「約7割は、結婚の社会的お膳立てシステムに救われていた」と話す。

    「『恋愛強者3割の法則』というのがありまして、彼氏や彼女がいる率というのは男女ともほぼ3割です。
    しかし一方で、残りの7割は、恋愛下手で受け身です。
    それを救っていたのが、『社会的お膳立てシステム』ともいうべきお見合いや職場結婚です。
    だからこそ80年代まで日本は皆婚社会だったわけです」(荒川さん、以下同)

    こうした社会的お膳立てシステムがあった時代とは異なり、今は恋愛結婚が主流になっている。
    恋愛強者ではない7割の人を救うシステムが機能しなくなってきているということだろうか?

    「生涯未婚率が急増したのは1990年頃からです。お見合い結婚が恋愛結婚に追い抜かれたのは1965年頃。
    その頃に25歳だった適齢期の男女が、生涯未婚の判断基準となる50歳になったのが1990年です。
    つまり、お見合い結婚比率が恋愛結婚比率を下回った第1世代は、そのまま生涯未婚率上昇の第1世代となったと言えるのです。
    お見合いと職場結婚とを合算して1960年代から現在に至る婚姻数の推移をみると、
    構成比は1960年代の7割から半分の31.9%にまで激減しています。
    当然全体婚姻数も減っていますので絶対数の減り幅は膨大です。
    もっとも婚姻数が多かった1972年と直近の2015年とを比較すると、
    お見合いと職場結婚を合算した婚姻数のマイナス分は約46万組となり、婚姻総数のマイナス分とほぼ同等です。
    つまり婚姻数の減少はこれら2つの減少分と完全一致します」

    また冒頭でも触れた「草食化」といったことも、関係ないと続ける。

    「この世代の人たちは、今の若者が結婚しないことについて『草食化』や『意気地がない』なんて言いますが、関係ありません。
    さっき申し上げた通り、いつの時代も恋愛できるのは3割です。
    むしろ世間が恋愛ブームだった80年代に20代だった若者が、2015年に生涯未婚率過去最高記録を打ち立てた張本人でもあります。
    恋愛を謳歌したからといって結婚できたわけではありません」

    社会的お膳立てシステムの重要な柱である「職場結婚」の減少要因についても、荒川さんは次のように分析する。

    「当時は、企業が社内結婚を推奨していました。
    しかし、これも1992年に職場でのセクハラ裁判の結審などもあり、職場での恋愛がしづらい環境になっていきました」

    最近では、「髪を切ったんだね」と言っただけでもセクハラと認識されてしまうこともあると聞く。

    「『デートに誘う』ということ自体が、セクハラだと捉えられてしまうかもしれない時代。
    むしろそのリスクを回避するため、たとえば飲み会は男性社員だけで行うなどの『ハラミ会』(ハラスメントを未然に防ぐ会)なるものまで登場しています」

    女性とお近づきになるどころか、反対に距離を置かざるをえない。
    これでは、職場での恋愛や結婚が減少するのも納得だ。

    ここまで、お見合いや職場結婚など、「社会的お膳立てシステム」について話を聞いてきたが、荒川さんは「結婚は経済」とも話す。
    「親世代の人たちは、社会的お膳立てシステムのほか、終身雇用など経済の安定の面でも恵まれていました。
    特に、高度経済成長期の男性は定年までずっと右肩上がりで給料が上がっていくと信じていたはずです。
    だからこそ、35年ローンで家を建てることに何の不安もなかった。

    ▽続きは下記のリンク先でご覧ください。

    FNN PRIME 2019/1/1(火) 18:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010003-fnnprimev-life







    引用元 https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1546577593/



    【若者が結婚しないのはお見合いや職場結婚の文化が廃れたことが原因だった】の続きを読む

    このページのトップヘ