xa


1 :名無しの公務員 2019/02/07(木)00:28:45 ID:0nU
結構若かった









2 :名無しの公務員 2019/02/07(木)00:29:02 ID:eps
同姓同名結構いそう







引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549466925/


3 :名無しの公務員 2019/02/07(木)00:29:18 ID:HRK
毎回ネタにされてそう









4 :名無しの公務員 2019/02/07(木)00:29:36 ID:fyD
あだ名はだいちゃんで決まりやな









5 :名無しの公務員 2019/02/07(木)05:07:03 ID:0nU
家族はどういう気持ちで









6 :名無しの公務員 2019/02/07(木)05:09:23 ID:BPJ
>>5
そらもうあれよ










8 :名無しの公務員 2019/02/07(木)05:55:44 ID:i4a
こないだタクシーに乗ったらドライバー江頭だったwやっぱ笑ったら悪いよな、必死に堪えてた









9 :名無しの公務員 2019/02/07(木)20:03:01 ID:OQ7
創価学会と「大蔵商事」

大蔵商事とは、創価学会第二代会長・戸田城聖が作った金融会社である。この会社は経
済力のある学会員から資金を集め、貧しい会員に貸し付けていた。要は高利貸しである。

池田大作はこの会社の稼ぎ頭で、20代で取締役営業部長を務めたほどだった。池田の取
り立てには容赦がなく、債権回収のために病人が寝ている布団をはぎ取ることまでした。
ここでの働きが認められたことが、彼が後に第三代会長に上り詰めるきっかけとなった。

その後、創価学会は金を貸して利ザヤを稼ぐような回りくどいことはやめた。宗教のお
布施ならば、元手はほとんどかからず、しかも税金までかからないのだから当然である。
しかし、高利貸しの経験はお布施の集金にも役立った(創価学会では「財務」という)。

かつては「身ぐるみはいで御供養しなさい、金とケチると仏罰を受けます」が財務納金
を呼びかける際、学会幹部の決まり文句だった。また「貧しいものほど、宿命転換する
ために多く金を出すべき」とも指導していた。金貸し根性は相変わらずだったのである。










10 :名無しの公務員 2019/02/07(木)20:03:25 ID:OQ7
創価学会の「御書」

創価学会では『日蓮大聖人御書全集』を出版し、聖典としている(単に「御書」と呼ぶ
ことが多い)。その一番最初に収録されている『唱法華題目抄』に、以下の記述がある。

「仏の遺言に依法不依人と説かせ給いて候へば 経の如くに説かざるをば 何にいみじき
人なりとも御信用あるべからず」(『日蓮大聖人御書全集』9ページ)

「依法不依人(法に依って人に依らざれ)」とは、涅槃経にある教えで、仏教であれば、
国・宗派を問わず重視されている(日本の伝統宗派だけでなく、上座部仏教でも同様)。

創価学会では、名誉会長の池田大作を生き仏のように崇めているが、池田は搾取的な金
集めを実施して贅沢三昧の生活をし、女性学会員に手をつけまくった醜悪な俗物である。

池田は「うんと人を誤魔化して、警察に捕まらないように」と述べたが、そんな反社会
思想を説いた経典など存在せず、池田への個人崇拝は日蓮の教えに明白に違背している。










7 :名無しの公務員 2019/02/07(木)05:12:36 ID:3PB
そうかそうか